資料請求・お問合せ
ノウハウ

Web担当者じゃなくても知っておくべき、Google アナリティクス4と従来のGoogle アナリティクスの違い

#トレンド・業界情報

2022.07.21

2023年7月1日に従来のGoogle アナリティクスは使用できなくなり、Google アナリティクス4に移行します。

「全く別のツールになる」と言っても過言ではないため、Google アナリティクス4の変更点は、Web担当者でなくても押さえておくべき内容です。

そこでこの記事では、「Google アナリティクス4と従来のGoogle アナリティクスの違い」を紹介します。

【おさらい】Google アナリティクスとは?

Google アナリティクスとは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。

Google アナリティクスを導入すれば、

  • サイトへのアクセス数や滞在時間
  • ユーザーの属性(年齢やデバイスなど)
  • ユーザーの行動履歴

など、様々なデータを把握&分析できます。

しかし、2023年7月1日には従来のGoogle アナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)が使えなくなり、代わりに「Google アナリティクス4」が提供されます。

Google アナリティクス4では最低限の初期設定をしておかないと、コンバージョンなどのデータが取得されません。

ユニバーサルアナリティクス廃止後にGoogle アナリティクス4を使い始めると「過去データが閲覧できない」という状態になってしまうため、設定だけでも早めに対応しておく必要があります。

Google アナリティクス4と従来のGoogle アナリティクスの違い

ここからは、Google アナリティクス4と従来のGoogle アナリティクスの違いを紹介します。

  1. 「セッション」ではなく「ユーザー」を中心とした計測
  2. 複数のデバイス・媒体を横断した計測
  3. 機械学習を用いた分析・予測
  4. プライバシーを配慮した計測

順番に見ていきましょう。

1.「セッション」ではなく「ユーザー」を中心とした計測

Google アナリティクス4は「セッション」ではなく「ユーザー」を中心とした計測を行います。

セッションとは、ユーザーがサイトに訪問してからサイトを離れる一連の流れのことです。アパレルショップを例にすると、「お客さんが店舗に入ってからお店を出ていくまで」を1セッションとして計測します。

しかしセッション数だけでは、ユーザーがサイトでどんな行動を取ったのかがわかりません。

一方Google アナリティクス4は、ユーザーを中心とする計測を行います。この変化により、ユーザーがサイトに訪問し「どんな行動を取ったのか」がわかりやすくなります。

アパレルショップを例にすると「お店に入る」「店員と会話をする」「服を手に取る」「会計をする」「お店を出る」この全ての計測が可能です。

2.複数のデバイス・媒体を横断した計測

Google アナリティクス4は、複数のデバイス・媒体を横断した計測を行います。

従来のGoogle アナリティクスでは、同じユーザーでもデバイスが異なるとそれぞれを「別のユーザー」として認識していました。

しかし最近では、同一ユーザーが異なるデバイスでサイトを訪問する機会が増えています。

そこでGoogle アナリティクス4では、スマートフォンやタブレット・PCなどデバイスが違っても「同じユーザー」として計測するようになりました。

また、Webサイトとアプリを横断して同一ユーザーを計測することも可能です。Google アナリティクス4への移行により、ユーザー数を正確に把握できるようになります。

User-ID 機能を使用すると、自社で生成したユーザー ID を個々のユーザーに関連付けることができるため、さまざまなセッション、デバイス、プラットフォームをまたいで各ユーザーの行動を把握できます。アナリティクスでは、ユーザー ID によって個々のユーザーを判別するため、ユーザー数をより正確にカウントし、ユーザーとお客様のビジネス関係を包括的に捉えることができます。

出典:アナリティクス ヘルプ

3.機械学習を用いた分析・予測

Google アナリティクス4では、機械学習を用いた分析・予測が行われます。従来のGoogle アナリティクスでは、ユーザー行動を元にした過去データの分析のみが可能でした。

しかし、Google アナリティクス4を使えば、将来の予測が可能です。具体的には、データに基づいて今後の「購入の可能性」や「離脱の可能性」「予想収益」を予測できるようになります。

指標 定義
購入の可能性 過去 28 日間に操作を行ったユーザーによって、今後 7 日間以内に特定のコンバージョン イベントが記録される可能性です。
離脱の可能性 過去 7 日以内にアプリやサイトで操作を行ったユーザーが、今後 7 日以内に操作を行わない可能性です。
予測収益 過去 28 日間に操作を行ったユーザーが今後 28 日間に達成する全購入コンバージョンによって得られる総収益の予測です。

出典:アナリティクスヘルプ

今後1週間の売上推定や、特定のユーザーへの広告アプローチなどのマーケ施策が打てるようになるのがメリットです。

4.プライバシーを配慮した計測

Google アナリティクス4はプライバシーを配慮した計測を行います。

具体的には、IPアドレスを保存せずにプライバシー保護を行うのが特徴です。

Google アナリティクス4はIPアドレスを保存しません。データのプライバシーを取り巻く今日の世界的な状況では、プライバシー保護とユーザーデータ管理に対してユーザーの期待する水準が上がっているため、特にこうしたソリューションとコントロールが必要になります。

出典:Google マーケティング プラットフォーム 日本版 公式ブログ

IPアドレスとは、各端末に割り振られるインターネット上の住所のようなものです。個人を特定できる情報ではありませんが、最悪の場合ネット上での行動を把握されたりハッキングの被害に遭ったりします。

その点、Google アナリティクス4ではIPアドレスを保存しないため、ユーザーの安全性がより担保されるのがメリットです。

Google アナリティクス4と従来のGoogle アナリティクスは「全く別のツール」と理解する

Google アナリティクス4と従来のGoogle アナリティクスでは、機能も画面も全く異なります。

そのため「全く別のツール」と認識しておくのがよいでしょう。

また、Google アナリティクス4は初期設定をしておかないと、コンバージョンなどのデータが計測されません。設定だけでも早めに対応し、データを蓄積しておくことをおすすめします。

ノウハウ一覧ページへ
事例・イベント共通CV領域

組織のデジタル戦略を
定着させるなら

riclinkは組織のあらゆる情報を
デジタルコンテンツとログで管理・定着させ
マネジメントを強力にサポートするクラウドサービスです

3分でわかるriclink
製品概要資料はこちら