資料請求・お問合せ
riclink導入事例

パートナーセールス向けコンテンツの戦略設計&制作&運用を”ほぼ丸投げ”しつつも、コストを67%カットした成功事例

#従業員数:500人以上 #用途:パートナーセールス

freee株式会社
アライアンス事業本部 アライアンス事業部
セールスマネージャー 兼 IFA
岡本 兼明 様

ご導入の決め手

  • 制作までアウトソースできるためリソースを確保できる
  • 他のツールよりもコスト削減ができる
  • 直感性に優れているため属人化を防げる

今後の活用について

  • 資料閲覧率と売上の相関関係を分析したい
  • ログ解析をもとに売上UPを目指したい

【動画版】riclink導入事例インタビュー
(再生時間:4分2秒)

統合型経営プラットフォームを開発・提供するfreee株式会社

まずはfreee株式会社について教えていただけますでしょうか。

岡本様

弊社は会計・勤怠管理・電子契約などをプラットフォームに集約したクラウドERP「freee」を提供しています。

岡本様の業務内容についても教えてください。

岡本様

私は、アライアンスパートナー企業のサポート業務を行なっております。営業促進やfreeeの勉強会、パートナー企業の資産やツールを掛け合わせたサービスの企画などが主な業務です。riclinkは、アライアンスパートナーの営業促進のために活用しています。

riclinkを導入した2つの理由

早速ですが、riclinkをご導入いただいた理由をお聞かせいただけますか?

岡本様

導入理由は2つあります。

  1. パートナー企業へのコンテンツ制作をアウトソースできるため
  2. 直感性に優れていて誰でも使いやすいため

理由①パートナー企業へのコンテンツ制作をアウトソースできるため

岡本様

コンテンツ制作をアウトソースできるのが、riclinkを導入した理由の1つです。導入前は、パートナー企業へのコンテンツの管理・配信を他社の製品で行っていました。しかし、人的リソースの不足から業務が属人化していたんです。

担当とはいえ兼任であったため、コンテンツ制作から管理運用まで手が回っていませんでした。「コンテンツを配信してもパートナーが閲覧しているのか」「コンテンツが売上にどう影響しているのか」が把握できていない状況です。

そのタイミングで「riclink」はツール提供だけでなく、コンテンツ制作・運用・企画支援まで行うパッケージサービスであることを知りました。社内リソースをかけずに、ツールを最大限活用できる点が導入の大きな決め手です。

理由②直感性に優れていて誰でも使いやすいため

岡本様

riclinkは直感性に優れていて使いやすいとも思いました。riclink導入前に使用していたツールは使い勝手が悪く、パートナー企業にとっても扱いにくいものでした。しかしriclinkなら、事前知識がなくとも簡単な操作であれば誰でも使えます。

事実、予備知識がなかった私でも、操作方法で迷うことはありませんでした。riclinkなら業務の負担が大幅に減り効率性を向上できると考え、導入に至りました。

riclink導入後の3つの変化

riclink導入後はどのような変化があったのでしょうか。

岡本様

導入後は以下のような変化がありました。

  1. コスト約67%カットに加え、人的リソースが削減された
  2. ログ解析でパートナー企業の動向を追えるようになり、レベルに合わせたフォローアップが可能になった
  3. パートナー企業にfreeeを営業してもらいやすくなった

変化①コスト約67%カットに加え、人的リソースが削減された

岡本様

まず、他のツールと比べて費用が3分の1に削減されました。約67%のコストカットですね。元々使っていたツールは「1人いくら」の契約のため、人数に比例してコストも増加していました。riclinkなら利用人数が増えても費用は変わらないので、弊社に合っていると感じています。

また、riclinkを導入してからは、コンテンツの管理・運用に悩まされることがなくなりました。コンテンツ制作をアウトソースできていることが大きな要因です。riclinkの場合、弊社の戦略を理解した上でコンテンツ制作を行ってくれます。

「戦略を理解して、それに沿ったコンテンツを設計する。」当たり前に見えますが、同じ目線で、同じゴールを見据えた対応をしてくれる会社は多くありません。シーズ・リンクさんに依頼して良かったと感じるポイントです。

完成したコンテンツにもほとんど修正点がなく、無駄な工程を省けているのは非常にありがたいです。期日を守るのは大前提ですが、コミュニケーションにおいてストレスがないのも助かっています。

変化②ログ解析でパートナー企業の動向を追えるようになり、レベルに合わせたフォローアップが可能になった

パートナー企業の動向を追えるようになったとのこと、詳しくお聞かせください。

岡本様

riclinkなら、閲覧ログの解析が可能です。弊社の場合は、送付先ごとに独自URLを発行する機能を活用し、送付先ごとにURLをリスト化していただいています。

そのおかげで、今ではパートナーごとの動画閲覧ログの解析ができるようになりました。どのパートナーが資料を閲覧しているかわかれば、どんな案件が動いているのかも把握できます。

パートナー企業の動きが見えていかなったこれまでに比べて、フォローアップがしやすくなりました。

変化③パートナー企業にfreeeを営業してもらいやすくなった

岡本様

パートナー企業にfreeeを営業してもらいやすくなったのも大きな変化です。パートナー企業はさまざまな商材を扱っており、商材ごとに資料を保有しています。その中でも、riclinkなら動画1つに情報を集約できるため、パートナー企業が営業しやすい環境を提供できています。

戦略を共有した上でコンテンツ制作をする「riclink」のアウトソースサービス

riclinkにコンテンツ制作をご依頼いただく際のフローを伺えますか?

岡本様

以下のような手順でコンテンツ制作を依頼しています。

  1. 社内コンテンツの共有(freee→riclink)
  2. 送付パートナーごとに適したコンテンツを選定・制作(riclink)
  3. 完成したコンテンツ内容を社内で確認(freee)
  4. 内容に問題がなければ動画URLを発行(riclink)
  5. コンテンツを送付・配信(freee)
  6. 視聴ログをチャットで日々共有+月次でレポーティング(riclink→freee)

弊社にはもともと動画コンテンツや資料が社内に豊富にあります。そのためriclinkさんには、業界・案件ごとに最適な弊社のコンテンツをキュレーションしてもらっているイメージです。

riclinkを使えば、Word・PDFやWebサイトのリンクを動画内に埋め込めます。つまり、riclinkで制作した動画を一本送付すれば、パートナーにとって必要な情報を全て提供できることになります。

コンテンツ制作・配信業務を削減できると同時に、パートナー企業に有益なコンテンツを提供できるのは、riclinkだからこそではないでしょうか。

今後はさらにログ解析を活用したい

最後に今後のriclinkの活用方法について教えてください。

岡本様

せっかくログ解析ができているので、資料の閲覧率が売上にどう影響しているのか、相関関係を探りたいと思っています。

また、パートナー企業だけでなく、実際のお客様にもriclinkで作成したコンテンツを送り、閲覧ログを確認したいですね。動画を最大限に活用して、売上UPを目指していけたらと思っています。

ご協力いただいき、ありがとうございました!

事例一覧ページへ
事例・イベント共通CV領域

組織のデジタル戦略を
定着させるなら

riclinkは組織のあらゆる情報を
デジタルコンテンツとログで管理・定着させ
マネジメントを強力にサポートするクラウドサービスです

3分でわかるriclink
製品概要資料はこちら