資料請求・お問合せ
riclinkニュース

新機能 視聴ログ自動通知機能に、【メール通知機能】を新しく追加致しました

リリース情報

2021.09.02

視聴状況の可視化とプッシュ配信により、
チームマネジメントやコラボレーションを推進

2021年9月2日、クラウド型DX Manager「riclink」の開発・運営・販売を行う株式会社シーズ・リンク(本社:東京都新宿区、代表取締役 澤田裕樹、以下シーズ・リンク)は、メール通知機能をリリースいたします。

現在、東京では9月12日までの緊急事態宣言下にあり、まん延防止等重点措置を含めると、常に何かしらの措置が発令されている状況にあります。
このような状況の中で、急務とされるのがリモートワーク、オンライン営業でも結果を出すことです。
そこで課題になるのが、リモートワーク中心の中で如何にマネジメントするかという問題です。
働き方が変われば、それに合わせてマネジメントも変えていかなければなりません。
『riclink』では、デジタルコンテンツの視聴ログの通知機能を駆使した、ニューノーマルなマネジメント手法を提言します。


■riclinkが考える「DX」とは

DX=人が変わっても、誰でもすぐに把握ができ、"運用"と"結果"を出せる環境と整えること

■"ログデータ"と"ビジネスチャット"の活用で実現する新たなマネジメントの形

"営業DX" & "マネジメントDX" で、リモートワークでも結果が出せる組織作りを


■自動通知機能(プッシュ通知機能)とは

動画コンテンツの視聴ログをデイリーやウィークリーなど、お好みのタイミングでチャットツール上に自動投稿・通知する機能です。投稿される項目は動画タイトル・再生数・再生ユーザー数・コンテンツタップ数(率)・コンテンツ遷移数(率)などです。
お問い合わせへの返信動画や、商談先への資料送付動画、提案プレゼン動画などの視聴結果がプッシュ配信されることで、従来、個々人が「riclink」管理画面よりチェック・閲覧していた視聴ログを、ビジネスチャットのメンバー間で簡易に、オープンに共有する事ができます。
その結果、今後の展開を検討・決定し指示するなどのチームマネジメント面は勿論、新たなコラボレーションの促進に寄与します。

こちらの機能は、ビジネスチャットツールを活用している企業様に限定された機能でしたが、大手企業やセキュリティが厳しくビジネスチャットツールを導入していない企業様からの、多くのご要望により『メール通知機能』を新たに追加致しました。


■クラウド型DX Manager「riclink」とは

【riclinkご案内動画】再生時間約3分
何故DXが進まない?「riclink」を活用したDX戦略

※簡単にサービス内容をご説明しているインタラクティブ動画です


「riclink(リクリンク)」は、動画・Web・資料のコンテンツプラットフォームです。


インタラクティブ動画生成機能を有し、動画内に別コンテンツへの導線を埋め込むことで、1本の動画から意図するコンテンツへ「つなげる」、形式の異なるコンテンツを「まとめる」といった新たな情報伝達手法を可能とします。また、クローズド配信機能や視聴ログデータの可視化といったビジネスシーンで活躍する機能も充実。誰でも使えるユーザーインターフェースでデジタルコンテンツ活用をより身近なものとし、あらゆるビジネスシーンで“動画×Web×資料”を今より効果的に伝えることが可能となります。

「riclink」は2019年5月に提供を開始し、営業・マーケティング活用を中心に、パートナーセールス(代理店強化)、顧客対応(CS)、人事活動(採用・研修)といった幅広い企業活動のDX推進をサポートしております。

■株式会社シーズ・リンク 概要

社 名 : 株式会社シーズ・リンク
代表者 : 代表取締役 澤田 裕樹
所在地 : 東京都新宿区新宿2丁目8-18 第1バーディートライビル7F
設 立 : 2015年11月
事業内容: クラウド型DXツール「riclink™」の開発・販売・運用
IoTサービスの開発・販売・コンサルティング
URL  : https://www.cs-link.jp/

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社シーズ・リンク コーポレートコミュニケーション本部
澤田晋吾(03-6274-8216) MAIL:info@riclink.jp

riclinkニュース一覧へ

組織のデジタル戦略を
定着させるなら

riclinkは組織のあらゆる情報を
デジタルコンテンツとログで管理・定着させ
マネジメントを強力にサポートするクラウドサービスです

3分でわかるriclink
製品概要資料はこちら