資料請求・お問合せ

御社の事例、見せたい顧客に届いていますか?

導入事例最短お届けする
マーケ・営業DXツール

〜実際のriclinkを体験〜
3分でわかるリクリンク
無料動画視聴はこちら

このような課題ありませんか?

  • 顧客に合わせた導入事例を届けられていない
  • 過去の良い事例が埋もれてしまっていて探せない
  • どの事例も同じような切り口表現になっている

顧客事例を効果的に見せることが
一番結果につながる

リードの獲得
興味喚起

商談の獲得
説得力

受注の獲得
後押し

提供したい製品・サービスがいかに顧客の課題解決につながるのかをわかりやすく示せるのが導入事例です。
マーケティングでのリード獲得シーン、インサイドセールスでの休眠リードの掘り起こし・アポイント獲得、営業時の提案・受注獲得に至るまで、顧客の企業と同じ状況・課題や同業他社の事例の見せ方、届け方はとても大切です。

漫然と事例を羅列しているという例はよく見かけますが、宝の持ち腐れにならないよう、きちんとした文脈・手法で顧客にお届けすることで、質の高いリード獲得、商談、受注の流れを加速させることができます。
riclinkは事例の見せ方をデジタル提案書という形でわかりやすく導線設計できるデジタルツールです。

riclinkの具体的な活用デモ・資料請求・お問い合わせはこちら

riclinkの特徴

FEATURE 01

データで見込み客の検討状況を把握

送付した動画の閲覧数や時間、PDF・PPTなどのドキュメント、Webコンテンツへのクリック数などをデータ解析機能で把握することができます。
顧客の検討状況や検討開始タイミングなどをデータで把握しリード獲得後のアポや最終提案後の確度把握に役立て効率的な営業活動をすることができます。

FEATURE 02

最適な情報が最短で伝わる導線を実現

特に活用されてるのがインタラクティブ機能。「知ってもらい、理解もしてもらう」必要なタイミングで必要なコンテンツを見てもらう、その確率を上げることで成果も上がります。また、動画にWEBリンクやPDF等の資料を1つにまとめて配信できる、コンテンツのデジタルトランスフォーメーションツールです。

FEATURE 03

オンラインとオフライン
どちらの戦略とも相性抜群

オフライン戦略を支援する使い方、オンライン系戦略を支援する使い方の両方にマッチします。オフラインやオンラインのそれぞれの弱い部分をリクリンクで補足することで、法人セールスや人材戦略領域におけるデジタル戦略が完成。

FEATURE 04

制作知識がなくてもコンテンツの制作・管理・運用ができる

  • 制作知識がなくてもコンテンツの制作/管理/運用を実現
  • 動画にデータを貼り付けるインタラクティブ機能
  • テンプレートによるWEBページの制作
  • メディア記事やニュースなどのWEBページのDB管理
  • PDFファイルをアップロードしてURLを発行
  • パスワードを設定してセキュア配信ができる動画管理

コンテンツ運用管理のデジタルトランスフォーメーションツールとして、様々な便利機能を搭載してます。

SCENE

セールス・人材戦略をはじめ様々なシーンでriclinkを活用

セールス×riclink

!例えばこんな課題を解決

  • オンラインのクロージングに課題がある
  • オンラインでは思ったように熱量が伝わらない
  • 受注確度を上げるためのフォローや打ち手はないか

人材戦略×riclink

!例えばこんな課題を解決

  • 表面的な事前調査ではなく、より深く理解を促したい
  • 者候補や内定者をグリップして流出を防ぎたい

他にも様々な活用方法が

  • リード獲得

    リードジェネレーション
    リードナーチャリング

  • 顧客対応・CS

    カスタマーサクセス
    アップセル・クロスセル

  • 組織運営

    モチベーション向上

  • 制度運用

    労務・社内周知・情報共有・社内研修

社内の課題や状況に合わせて活用のご提案いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

FUNCTION

コンテンツのデジタルトランスフォーメーションツールとして、
他の動画閲覧サービスとは異なる様々な便利機能を搭載しています。

配信したコンテンツがきちんと閲覧されているかチェックしたり、
どのくらいみられているのかなどをデータードリブンに分析

  • 動画総再生数

    動画がどれだけ見られているか動画の注目度を知る事が可能です。その後の施策の参考にする事ができます。

  • 動画視聴者数/視聴率

    視聴人数をカウントする事が可能です。またN値を入力する事で視聴率も集計可能となります。

  • 動画完遂率

    動画完遂率とは視聴した方が動画のどの地点まで見たかを集計します。最後まで見た場合は100%、半分までの場合は50%。全てに視聴の平均値を集計します。
    内容の注目度の指標となります。

  • コンテンツタップ数/率

    動画内のタップポイントとなるコンテンツがどれだけタップされたか数とその率を集計します。コンテンツ内容の興味度を知る事ができます。

  • リンク先推移数/率

    タップされたコンテンツの内、実際にリンク先へ推移した数とその率を集計します。動画の内容次第ではコンバージョン率の指標となります。

  • 視聴者コメント確認
    /チャット確認
    COMING SOON

    動画内から視聴者がコメントしたり、視聴者同士でチャット方式でコミニュケーションを取る事ができる機能もあります。その内容を確認する事が可能です。